物事をどう考えるかによって運命は変わる

「ピンチはチャンス」という言葉は真実である
人間として生きていると、さまざまな苦しみに見舞われることがあります。たとえば病気になったり、人間関係が上手くいかなかったり、経済的な困難などが降りかかってきたりします。

現在の日本では、年間3万人もの自殺者がいるといわれていますから、そういう人たちは次々と起こってくる不幸現象に耐えられなかったのでしょう。

自らの命を絶ってしまうということは、将来を悲観的に考えてしまったのだと考えられます。もし、「自分の未来はきっと幸せになっている」と信じることができれば、思いとどまることができたはずだからです。

そう考えれば、特に根拠がなくても未来に明るい希望を持てるかどうかが、自殺するか否かの明暗を分けていることにもなります。

自分の場合を考えてもそうなのですが、人生の中で特に不幸で苦しんだ時期は、その後の幸せにつながっていたということが多いです。「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、本当にその通りだと思います。

何か不幸なことに悩まされても、それは自分のことを成長させてくれるよい機会であると考えましょう。物事を明るくとらえることにより、確実に幸せな運命が訪れてくるのです。