悪いことがあってもまず喜ぶ癖をつけよう

悪いことが起こったら宇宙に感謝の念を持つ
幸せな運命を引き寄せるには、できるだけ喜んだり感謝する気持ちを持つ回数を増やす必要があります。現代人は、とかく暗い気持ちになることが多いですが、それはあまり良いことではありません。

なぜなら、落ち込んだ気分になると余計に暗い運命を引き寄せがちになるからです。

私たちを生かしてくれている宇宙は、日々いろんな贈り物を私たちに届けてくれます。良いことがあったり、楽しいこともありますが、嫌なことや不幸なこともいろいろと含まれています。

しかし、それらのネガティブな現象は、宇宙があなたに対して必要だからこそ届けてくれる試練なのです。それを踏まえて、不幸なことがあっても「有難い」と喜ぶ人には、必ず後から幸せなことが起こります。

ですから、悪いことがあったらまず感謝しましょう。嫌なことをポジティブな気持ちで喜んで受け止めると、それが幸せになるための変化となってきます。

不思議なことですが、いつも喜んで笑顔でいるような人は、自然と良い運命を引き寄せるのです。また、不幸なことが起こってもそれをきっかけにして幸せになっていけるようなパワーが備わります。

とにかく、喜びの多い人には幸せが訪れやすいのです。