いつも明るい心を保つようにすることが大切

まず大好きなことをする時間を増やしてみよう
明るい心でいれば、潜在意識が自然とその心を反映した未来を作り出してくれます。それを考えると、人間は暗い心で生きるよりも、明るい心で生きる方がいいと思います。

しかし、「実は、生まれつき悩みやすい暗い性格だ」という人も世の中には多くいます。

そういう人に、明るい心でいる方がいいというと、無理に自分の性格を変えてしまおうと努力することがあります。しかし、苦しみながら明るい心でいるように自分に強制してみても長くは続かないでしょう。

そんな人は、自由な時間に、自分が本当に好きなことをしてみるようにしてください。

本を読むのが好きなら、静かに本を読んでいるだけでもいいのです。そうすることによって、無理なく明るい元気な心を保つことができます。希望に満ちた明るい心を取り戻すには、自分が喜べることを素直にやってみることなのです。

潜在意識に明るい思いをインプットするには、まず大好きなことをする時間を多く作るのがおすすめです。

どんなに暗い性格の人でも、好きなことをしている時には自然と楽しくて嬉しい気持ちになっています。その時間が多くなれば、いつも明るい心を保つことに近づけるでしょう。