心臓を自分で動かしている人はいない

余計なことに神経を使わなくていいようにできている
心臓を自分で意識して動かしている人はいないと思います。そんなことをしなくても、なぜか24時間休みなく働いていてくれるのが心臓です。

私たちの体にある血液の流れや胃や腸の活動も同じです。特に意識しなくても、いつもひっきりなしに動いていて、私たちを生かしていてくれるのです。もし、それらの動きが止まってしまえば、私たちは一瞬たりとも生きてはいられないでしょう。

この不思議な有難い現象に、真剣に感謝する気持ちになったことのある人は一体何人いるのでしょうか?

おそらく、とても少ないと思います。でも、それでも心臓は動いていてくれますし、私たちの体は生きるための活動を続けています。

そのお陰で、私たちは生きることを楽しむことができます。たとえば、美味しい物を食べてリラックスしたり、笑いながらコメディ映画を見ることもできるのです。

もし、心臓を意識的に動かさなければ生きられなかったら、そうした生きることを楽しむための活動は一切することができないでしょう。

なぜだか知らないけれど、そんなことに神経を使わなくてもよいという恵まれた存在であるのが私たち人間です。余計なことに気を使わずにいろんな活動ができるように元から作られています。