寝る前には周囲の人々に感謝する習慣を持とう

感謝の波動を出すと幸せなことが起こる
過去にベストセラーを出したことのある作家の本田健さんは、夜眠る前にその日出会った人たちや家族の一人ひとりに感謝する時間を持つのだそうです。

それを続けることによって、次第に自分の人生がそれまでよりも充実していることに気づいたと彼は言っています。

何故なら、感謝の波動を自らが出すことによって、宇宙がそれに匹敵する喜びの波を返してくるからです。そうすると、明るくて嬉しいことが現実に起こりやすくなります。

人間は、一人で生きているのではありません。必ず、周囲の人々に支えられながら生きています。

そう考えれば、周囲の人々に感謝する習慣を持つことは当然のことです。しかも、それによって自分自身がもっとも豊かな気分になれます。それを眠る前に行うことによって、潜在意識にもその思いが定着します。

無意識の中に入っていった感謝の気持ちは、さまざまな素晴らしい変化を人生の中に起こしてくれるでしょう。

大自然を破壊し、環境を自ら悪化せしめてしまったのが現代の人類ですが、本当は自然の仕組みの中でしか生きられません。そして、自らが感謝の波動を宇宙に向かって出していくことにより、素晴らしい贈り物を宇宙から受け取れるようになってきます。