知らない間にできているスコトーマ(盲点)を外そう

脳や潜在意識に明確な目指すべきビジョンを与えよう
元来、「スコトーマ」とは眼球にある盲点のことを指します。眼球が見た映像は、視神経を通して脳に送られる仕組みになっています。実は、脳が情報処理を行うことにより、見たいと思う映像を中心にして見ることができます。

その際、眼球に映っていてもあまり重要でない映像には自動的にスコトーマがかかります。つまり、見えているけれど見えていない状態になっているのです。

このスコトーマは、他のことに対しても働いています。たとえば、「私は女だからあまりお金は稼げないだろう」と信じていると、もし簡単にお金を稼げる方法が実際にあっても、それに気づかない状態になります。

その原因は、自らに「お金がたくさん稼げるわけがない」という思いがあるからなのです。

もし、あなたが本当に「こうなりたい」と願う人生のゴールを設定すれば、あなたの脳や潜在意識は、そのゴールに到達するためにどうすればよいかを考えて動き始めます。

心の思いを変えることによって、スコトーマを外すことができるのです。

あなたの脳と潜在意識に、自分はこんなふうに幸せになりたいんだ、という明確なビジョンを与えましょう。それによって、心の盲点が外れて新しい可能性が見えてきます。

運営者メニュー

△PAGE TOP